SMBC
SMBCグループ

パラリンピックをめざすSMBCグループ所属アスリートたち We are Team SMBC

TOKYO2020 SMBC三井住友銀行 ひとりひとりが日本代表

車いすテニスWheelchair Tennis

ラケットを持った状態で巧みに車いすを操作し、予測と駆け引きでラリーを制す。

  • ルール、コートは
    一般のテニスと
    ほぼ同じ

  • 返球は2バウンド以内
    2バウンド目は
    コート外に
    バウンドしてもOK

  • クラスは男子、女子、
    上肢にも障がいを
    持つ「クァード」
    の3種

競技説明の画像
  • 一般のテニスと
    全く同じコートでプレー

    競技は一般のテニスコートを使用します。ルールの大きな違いは、一般のテニスがワンバウンド以内での返球なのに対し、車いすテニスでは2バウンド以内に返球する点。2バウンド目はコートの外でバウンドしてもOKです。選手はコート外も含めて広い範囲を、車いすを巧みに操りながら走り回ります。

  • 数手先を読む頭脳戦が勝利のカギ

    車いすでは急な方向転換は難しいため、次の返球のためには球筋の予測が重要。選手はボールを打ち返すと、次のボールがどちらへ来るかを考え、時には相手が打つ前に、予想する落下点へと動き出します。数回のラリーの中で自分に有利なコースを作り出し、最後に確実にポイントを取る、数手先を読む駆け引きが勝負の分かれ目です。

  • 男女混合で戦うクァード

    上肢にも障がいを持つクラスがクァードです。男女混合で戦います。特に障がいの重い選手は自力で車いすを操作することが難しいため、電動車いすを使用しています。また、握力の少ない選手は、テーピングでラケットを手に固定することが許されています。それぞれの選手が障がいに応じてルール内で工夫をしながら戦う様子に注目です。

  • 日本選手の活躍に注目

    男子は国枝慎吾選手、女子はTeam SMBCの上地結衣選手など、世界のトップクラス選手を輩出する日本の車いすテニス。2人の存在に憧れて車いすテニスの選手人口も増加し、有力な若手も続々と登場しています。東京2020パラリンピックで最もメダルが期待される競技の一つです。

競技の歴史

競技としての車いすテニスは1976年にアクロバットスキーの事故により下半身不随となったアメリカのブラッド・パークスが、本格的な競技として成立させたのが始まりとされています。パラリンピックではソウル1988大会で公開競技として行われ、バルセロナ1992大会から実施競技に採用されました。東京2020大会では、男女ともに世界トップクラスの選手を有する日本のメダル獲得が期待されています。

ページトップ