SMBC
SMBCグループ

SMBCグループ所属の障がい者アスリートたち We are Team SMBC

デフ卓球 DEAF TABLE TENNIS

視覚情報だけで球筋を見極める難しさ。中国との王座争いは熾烈を極める。

  • 競技のルールは
    一般の卓球と同じ

  • 音で判断できないため、
    目で見える情報だけ
    競技をする

  • デフリンピックの
    出場資格は、
    補聴器なしの状態で
    聴力レベルが
    55db以上

卓球台・球 ルールに準じ、健常者と同じ
禁止事項 競技会場で練習、試合を問わず、補聴器の使用は禁止
  • 0.1秒で通過する球に
    音の情報なしで反応

    ルールは一般の卓球と同じです。卓球は球速が速いスポーツのひとつであり、健常者の世界大会レベルでのスマッシュの初速は男子でおおよそ180km/h、相手側への到達時でも110km/hと言われています。これは卓球台の長さ2.74mの間を0.1秒ほどで通過する計算。このスピードに対して、健常者は視覚と聴覚の両方でスピンの有無やスピードを判断できますが、デフ卓球の選手は視覚からの情報だけで、球筋とスピードを読む難しさがあるのです。

  • 伝統的に強い、
    日本のデフ卓球

    日本でのデフ卓球の歴史は古く、1964年に第1回全国ろうあ卓球・体操選手権大会が開催されました。1965年に日本が初参加した国際ろう者競技大会(のちのデフリンピック)では、女子卓球で銀メダルを獲得し、これが日本のデフリンピック第1号のメダルとなりました。以降もデフリンピックでは活躍は続き、マルメ1973大会からローマ 2001大会の間に、男子団体は6回金メダル、女子団体は5連覇、女子シングルスは7連覇の実績があります。前回のデフリンピック、サムスン2017大会では女子ダブルスと団体で銅メダルを獲得しました。近年、中国とのトップ争いが熾烈を極めますが、2021年のデフリンピックでも引き続き大きな活躍が期待されています。

競技の歴史

世界的にもデフ卓球の歴史は古く、1924年には第1回デフリンピックの種目となっており、日本の初参加はワシントン1965大会。女子卓球で銀メダルを獲得し、日本のデフリンピック初のメダルとなりました。以降、毎回メダルを獲得。サムスン2017デフリンピックでは女子選手3名が派遣され、女子ダブルスと団体で銅メダルを獲得しました。

ページトップ