SMBC
SMBCグループ

パラリンピックをめざすSMBCグループ所属アスリートたち We are Team SMBC

TOKYO2020 SMBC三井住友銀行 ひとりひとりが日本代表

バドミントン【東京2020パラリンピック競技】 BADMINTON

クラスごとに異なるプレースタイル。東京2020パラリンピック競技に正式採用

  • 車いす立位
    2種類があり、
    障がいの度合い
    によりクラス分け

  • クラスにより
    コートの
    使用エリアが変わる

  • バドミントンの
    奥深さを感じさせる、
    クラスごと
    プレースタイル

  • クラスによってコートの面積が変わる

    使用するコートや道具、ルールは一般のバドミントンと同じですが、障がいを考慮して、一部ルールが変更されています。重い下肢障がいのクラス(SL3)は、コートの半面(ダブルスは全面)を使用します。車いすのクラス(WH1、WH2)もコートの半面(ダブルスは全面)を使用し、さらにネットからショートサービスラインの間もアウトとなります。

  • クラスで全く異なるプレースタイル

    車いすや重い下肢障がいのクラスは、狭いコートの中で相手が嫌がるコースを的確に狙うテクニカルなショット、コートを全面使うクラスは、コースを狙いつつも緩急を使い分けた躍動感あるプレーが展開されます。上肢障がいを持つSU5のクラスの選手は、スマッシュの際にラケットを持たない手で反動をつけることができませんが、軽快なステップワークを駆使して、激しいラリーで相手のミスを誘っていきます。いずれのクラスも見どころがあり、バドミントンの奥深さを感じさせてくれます。

  • メダルに期待!東京2020パラリンピックから正式競技に

    東京2020パラリンピックから正式競技に採用されたバドミントンですが、日本には各クラスに世界レベルの選手が勢揃い。2017年に行われたパラバドミントンインターナショナルでは、優勝2組、3位5組と素晴らしい結果を残しました。東京2020パラリンピック本番でのメダル獲得に、大きく期待がふくらみます。

競技の歴史

バドミントンの国際的な競技会が開かれるようになったのは1990年代から。1998年には第1回世界選手権がオランダで開催されました。2011年6月、世界パラバドミントン連盟は世界バドミントン連盟に合流、現在はすべてのバドミントン競技を同連盟が統括しています。東京2020パラリンピックから正式競技に採用。各クラスに実力ある選手を有する日本のメダル獲得が期待されます。

ページトップ