SMBC
SMBCグループ

パラリンピックをめざすSMBCグループ所属アスリートたち We are Team SMBC

TOKYO2020 SMBC三井住友銀行 ひとりひとりが日本代表

車いすバスケットボール【東京2020パラリンピック競技】 WHEELCHAIR BASKETBALL

鍛え上げられた上半身の力で車いすを巧みに操り、攻防を繰り広げる。

  • ルールは一般の
    バスケットボールと
    ほぼ同じ

  • 各選手の障がいの
    程度でクラス分け、
    5人の合計
    定められている

  • 車いすならではの
    テクニックに注目

競技説明の画像
チーム編成 コート上5名、控え最大7名
競技時間 10分間のピリオドを4回行い、各ピリオド間にはインターバル(ハーフタイム)が入る。
クラス 障がいの程度により、0.5刻みで1.0~4.5まで。
コート上5名の合計が14点以内でチームを構成。
施設・道具 使用するコート、リングの高さ、ボールはすべて一般のバスケットボールと同じ
  • ルールの違いは「トラヴェリング」
    「ダブルドリブル」

    選手が車いすに乗り競技する以外は、一般のバスケットボールとほぼ同じルールで行われます。大きな違いは、1回のドリブルにつき3回以上タイヤをこぐとトラヴェリング(反則)になること、また、ダブルドリブル禁止のルールがないこと。トラヴェリングにならない限り、選手はドリブルとボールの保持を繰り返すことができます。

  • 選手ごとの「クラス分け」

    車いすバスケットボールの選手たちは、脊椎損傷や下肢欠損など、下肢に障がいを持っています。すべての選手は障がいの程度に応じた持ち点が定められています。体幹が保持できないなどの障がいが重い選手は持ち点が低く、片膝下切断などの障がいが軽い選手は持ち点が高く設定され、コート上の5人の合計が14点以下で構成されなければいけません。このルールにより、障がいの重い選手もプレーに参加でき、各チームが障がいの軽い選手で固めることができないようになっています。

  • 各選手のスキルと車いすを活かした、
    巧みなプレー

    障がいの軽い選手は速攻でのダッシュやキレのあるターン、片輪を上げてシュートを決めるなど積極的なプレーで会場を沸かせます。障がいの重い選手は車幅を活かしてスクリーンをかけたり、敵の障がいが軽い選手にディフェンスをしかけ、巧妙に味方にチャンスを作り出していきます。車いすを自分の体のように最大限に活かし、敵の弱点を突き、各自のスキルを活かして攻撃や防御を組み立てていく、それが車いすバスケットボールの醍醐味のひとつと言えます。東京2020パラリンピックでは、欧米チームの強いフィジカルに敏捷性と運動量で対抗し、メダルを狙います。

競技の歴史

第二次世界大戦後、アメリカの全米退役軍人病院において傷痍軍人たちが始めたのが最初とされています。ほぼ同時に英国ではストークマンデビル病院のグットマン博士により脊髄損傷者の治療法のひとつとして車いすポロやネットボール(バスケットボールの元となったスポーツ)が導入されました。その後、1950年代後半には車いすバスケットボールは競技スポーツとして世界中で盛んになりました。日本では、1960年にストークマンデビル病院国立脊髄損傷センターでスポーツ・リハビリテーションを学んだ国立別府病院の中村裕博士によって紹介されたのが始まり。以降、各地の身体障がい者施設に次々とクラブが生まれ、またそこの卒業生が集まりクラブチームをつくるなどして、年々競技人口が増えていきました。現在では78チーム(約700名)が選手として日本車いすバスケットボール連盟に登録され、活躍しています。

ページトップ