SMBC
SMBCグループ

SMBCグループ所属の障がい者アスリートたち We are Team SMBC

選手の画像

MIZUE KAWASAKI

川﨑 瑞恵 選手

デフ卓球

動画の画像

PROFILE

1995年生まれ、東京都出身。生まれつき聴覚に障がいがあり、左耳が少し聞こえる程度。同じく聴覚障がいを持つ卓球選手だった母親と姉の影響で、中学校から卓球を始める。中学3年での国体予選敗退を機に闘争心に火が付き、デフリンピックへの出場を目標に掲げる。練習時はコーチが左側に立ち指導が聞き取りやすいようにしたり、「卓球ノート」を作成しコミュニケーションを取るなど、さまざまな工夫を行う。高校時代に初出場したソフィア2013デフリンピックで、女子団体で銅メダルを獲得。サムスン2017デフリンピックでは、ダブルスで銅メダルを獲得、文部科学大臣表彰、都民スポーツ大賞を受賞。現在は、2021年の世界ろう者卓球競技大会、デフリンピックへの出場とメダル獲得をめざす。

動画の画像

PROFILE

1995年生まれ、東京都出身。生まれつき聴覚に障がいがあり、左耳が少し聞こえる程度。同じく聴覚障がいを持つ卓球選手だった母親と姉の影響で、中学校から卓球を始める。中学3年での国体予選敗退を機に闘争心に火が付き、デフリンピックへの出場を目標に掲げる。練習時はコーチが左側に立ち指導が聞き取りやすいようにしたり、「卓球ノート」を作成しコミュニケーションを取るなど、さまざまな工夫を行う。高校時代に初出場したソフィア2013デフリンピックで、女子団体で銅メダルを獲得。サムスン2017デフリンピックでは、ダブルスで銅メダルを獲得、文部科学大臣表彰、都民スポーツ大賞を受賞。現在は、2021年の世界ろう者卓球競技大会、デフリンピックへの出場とメダル獲得をめざす。

INTERVIEW

いつも目指しているのは
もっと強い自分。

デフリンピック出場の夢が心の支えになった

私は感応性難聴で、生まれつき耳が聞こえません。ただ、補聴器をつければ、女性の声ならだいたい聞こえます。学校はずっと一般の学校に通っていました。

卓球を始めたのは中学1年のときです。同じく耳の聞こえない母と姉が卓球をやっていたため、自分も始めました。デフリンピックのことは中学生のときに初めて知りました。日本で開催されたデフ卓球の世界大会を見に行ったとき、日本の選手が大勢出場している姿にとても感動しました。自分もこのような世界の大舞台に立ちたい。そこからデフリンピックに出ることを目標に定めました。

中学3年で出場した全国障がい者スポーツ大会の予選で敗退したことがとても悔しくて、もっと強くなりたいと思い、高校は卓球の強豪校へ進学しました。耳が聞こえないのでよくわからないのですが、卓球部の先輩からとても失礼なことをよく言われ、何度も辞めてしまおうかと悩み、実際に1日だけ練習を休んでしまったことがありました。でも、辞めると言えば、きっとまたいじめられる。だったら今は自分が我慢して、デフリンピックに出るという夢を目指した方がいい。そう思い直し、悔しさや辛い気持ちを乗り越えて卓球を続けました。結果、高校3年でソフィア2013デフリンピックに初出場し、団体戦で銅メダルを獲得できたことは、嬉しかったと同時に、自信を持てるきっかけにもなりました。さらに4年後、サムスン2017デフリンピックではダブルスで銅メダルを獲得しました。あの辛かったときに卓球を辞めていたら、なかったことですね。

自分が満足するまでずっと卓球を続けたい

自分は負けず嫌いだと思います。試合で負けると、悔しくて泣いてしまうことがあります。3ヶ月前も、コーチに優勝しろと言われた大会で負け、泣いてしまいました。でも、そんな性格だからこそ、悔しさをバネに、自分のどこがいけなかったのかを反省し、さらに強くなるための練習にまた取り組めるんだと思います。反省点は、高校時代からつけている「卓球ノート」に書き込み、二度と忘れないようにしています。

課題は、試合中のメンタルの弱さです。大会になると、1~2試合目ではとても緊張してしまい、3試合目くらいでようやく自分のプレーが戻ってくることが多いと感じています。それでは遅いので、1試合目から自信を持って強く出て行けるようになりたいです。メンタルを強くする方法を人に相談したところ、毎朝必ずランニングをすることを勧められました。気が乗らない日でも、毎朝必ずです。今はそれを実行中なので、次の大会で良い結果が出るかどうかですね。

今の目標は2021年のデフリンピックに参加して、まだ獲得できていない個人戦でのメダルを獲ることです。ヨーロッパにはパワーのある選手が大勢いますし、中国の選手は球の回転がものすごく強い。目標を達成するためには、それらを超える強さが必要になってくると思います。その後の目標はまだ何も決めていません。卓球をいつまで続けるかも特に決めていないのですが、きっと自分が満足するまで続けると思います。

戦歴

2013年
ソフィア2013デフリンピック 団体銅
2013年
第37回全国ろうあ者
卓球選手権大会 シングルス 金
2015年
アジア太平洋ろうあ者
卓球競技大会 団体 銀
2016年
第38回全国ろうあ者
卓球選手権大会 シングルス 銀
2017年
第39回全国ろうあ者
卓球選手権大会 シングルス 銀
2017年
サムスン2017デフリンピック ダブルス銅・団体 銅
2018年
第40回全国ろうあ者
卓球選手権大会 シングルス 金
ページトップ