SMBC
SMBCグループ

パラリンピックをめざすSMBCグループ所属アスリートたち We are Team SMBC

TOKYO2020 SMBC三井住友銀行 ひとりひとりが日本代表

選手の画像

TORU SUZUKI

鈴木 徹 選手

陸上競技(走高跳)
T44クラス

PROFILE

1980年生まれ、山梨県出身。中学、高校時代はハンドボール部に所属し、山梨県代表選手として国体で3位入賞の経験を持つ。高校卒業直前に、運転していた車で交通事故を起こし、右足膝下11センチを残して切断。リハビリがきっかけとなり走高跳を始めたところ、わずか3カ月でシドニー2000パラリンピックの大会参加基準である1m73cmをクリアし、日本人初の走高跳選手として出場を果たす。2006年のジャパンパラ競技大会で日本記録を更新する2m00cmを跳び、当時世界で2人しかいない義足での2mジャンパーとなる。日本人選手団の旗手を務めた北京2008パラリンピックでは4位入賞。ロンドン2012大会、リオ2016大会では4位入賞。日本初となる義足のプロアスリートとして、自身の経験を活かし、小中学校や大学、企業など、全国各地で積極的に講演活動も行っている。

PROFILE

1980年生まれ、山梨県出身。中学、高校時代はハンドボール部に所属し、山梨県代表選手として国体で3位入賞の経験を持つ。高校卒業直前に、運転していた車で交通事故を起こし、右足膝下11センチを残して切断。リハビリがきっかけとなり走高跳を始めたところ、わずか3カ月でシドニー2000パラリンピックの大会参加基準である1m73cmをクリアし、日本人初の走高跳選手として出場を果たす。2006年のジャパンパラ競技大会で日本記録を更新する2m00cmを跳び、当時世界で2人しかいない義足での2mジャンパーとなる。日本人選手団の旗手を務めた北京2008パラリンピックでは4位入賞。ロンドン2012大会、リオ2016大会では4位入賞。日本初となる義足のプロアスリートとして、自身の経験を活かし、小中学校や大学、企業など、全国各地で積極的に講演活動も行っている。

戦歴

2000年
シドニー2000パラリンピック 6位
2004年
アテネ2004パラリンピック 6位
2008年
北京2008パラリンピック 5位
2012年
ロンドン2012パラリンピック 4位
2016年
リオ2016パラリンピック 4位
2017年
世界パラ陸上競技選手権大会 ロンドン 銅
走り高跳び T44 クラス2m02cm
日本記録保持者
ページトップ